ゆがみの何が悪い!?その1

なんとなく体がゆがんでる感じがする・・・

証明写真の撮影時に首の傾きを直される・・・

写真を撮ると片側の肩が下がってる・・

骨盤が不安定な感じがして、ゆがんでると思う・・・

上記のような事は、ありませんか?

でも実際は、体が辛かったり、痛みが出ない限り放っておく人の方が多いです。

そもそもゆがみって、何が悪いのでしょうか?

身体のゆがみによって、右側と左側の筋肉が、縮む筋肉(図の青色)と

伸ばされてしまう筋肉(赤色)を作ってしまいます。

ゆがみによって常に伸ばされている筋肉は、ストレスを受けます。

人は、伸ばされている筋肉の方が、痛みや違和感を感じるのです。


背中が丸まり、アゴを前に突き出すようになれば・・・

首の痛みや偏頭痛、目の奥の痛み、耳がボーっとする、アゴの空きが悪いなど

背骨が右や左に倒れ、片側の肩が下がったりするようになれば・・・

背中の痛みや肩甲骨、肩付近の痛み、腕のしびれや腱鞘炎など

骨盤の位置が左右や前後に倒れるようになれば・・・

腰痛や股関節、膝、ふくらはぎ、かかとや足裏の痛みなど


痛みや不具合をゆがみから整えませんか?


姿勢のちょいコツ!

姿勢を正す力をつける!! 自分の体を自分で治せる体作りを応援します。 5000人以上の施術経験から得た ゆがみが身体にあたえる影響を ”ゆがみアドバイザー”が ご紹介します!